お知らせ topics

TOP > 新着情報 > お知らせ

DX化

児童の入退室の自動記録化導入について複数の企業と相談中です。某施設を見学しましたが退室の際の事務が皆無なのでお迎えの際の待機時間がほぼないという利点と煩雑な事務処理が省けます。

この写真のものは高そうなので難しい・・・。顔認証は結構時間がかかるかな?迅速性はどうだろうか、対費用効果(人件費削減になるかな?)等々総合的に検討していますが実施の方向です。10月中に両学舎に設置します。

子どもの怪我の際の対応のために車いすを1台準備しました。発注後3週間ほどかかりました。サプライチェーンの問題なのかもしれません。

ダンス

毎週大学生の皆さんにダンスのレッスンをしていただいていましたがインターンや教職課程の授業あるいは教育実習等で抜ける日が出てきます。大学生の皆さんも学年が上がってくるにつれて日程がより厳しくなってきました。

子どものダンス熱も高まっていますのでダンスのプロの講師の方にご協力をお願いしました。早速明日から隔週で指導に入って頂きます。明日は真野学舎で15時から16時までです。平素は午前に時間を設定するつもりです。

そこまでする必要があるのかという面もありますが子どもには遊びはもちろんのこと、多様な文化的、体育的な体験等の機会を幅広く与えたいと考えています。

2023(令和5)年度の通所募集について

令和5年度の各学舎の新規通所募集について

真野学舎  令和5年度の新規通所募集はありません。但し在籍児童の兄弟姉妹は基本的に通所を受け入れさせて頂きます。

仰木の里学舎 令和5年度の新規通所募集をおこないます。5名ほど受け入れさせて頂く予定です。お申し出があった方に10月になりましたら当方から連絡させて頂きます。

令和5年度の長期休暇のみの通所について  真野学舎は現在例年2家族にご利用いただいていますがそれ以外の新規のご利用は基本的に募集しません。仰木の里学舎は若干名受け入れ可能です。令和5年3月になりましたら仰木の里学舎にご連絡下さい。

※ クロスワードを大学生の指導員と解いていました。

ぴよ将棋?

明日の準備が何とかできそうです。まずは子どもの期待に応えねば。ただデジタルギャップの世代には結構準備も難しいというのが率直な感想。おそらく子どもはシニア指導員なんぞ置き去りにしてどんどんと新しい将棋の世界に入っていくことでしょう。またそれが望みでもあります。

 

真野専用農地

菊芋はまだ背丈が低い。一回刈られたからだがまだ収穫は先だから大丈夫だろう。柿の木は柿だらけの状態だがちょっと変、2月に剪定しすぎたのかもしれない。

 

中間評価実施のお知らせ

今年度もコロナのため変則的な運営を余技なくされていますが、今年度の保護者中間評価を実施します。そのお知らせを今日、明日の2日間にてお配りします。学級閉鎖等のために今週いっぱい欠席の児童もいますので明日重ねてメール配信もします。写真は延長保育の時間に漢字検定の勉強をしている子どもの姿です。2年生の漢字を既に全て読めるようになっている2年生です。ほどなく書けるようにもなりそうです。

到着!KAPLA.

速いですね!昨日午後に発注、今朝9時ごろの配達でした。日本ならでのWORKです。かなり重たく危ないですから子どもは先生の指示に従って開封してください。仰木の里学舎に置きますが、合同保育の際にはもちろん真野の子も遊べます。

KAPLA1000

本日発注しました。仰木の里学舎用です。真野学舎に比べ施設が少し狭いので室内遊戯に配慮しています。漫画等の書籍も多く揃えています。近くに大津市の公園もありますので活用しています。昨日の動画です。卓球のは容量が大きかったのかうまくアップできませんでした。

ライン活用

コロナが再燃しています。両学舎ともに警戒体制です。学舎内は窓を開けて空気清浄機、エアコンをフル稼働しています。さらに送風機で換気を常時行っています。

出欠やコロナ感染情報などの連絡は次の通りのプロセスで場合によっては全スタッフに瞬時に共有されます。

電話を受ける。転送の電話を受ける。ショートメール等で連絡を受ける。それは直ちにラインで関係者に流れます。個人情報であることを十分に配慮して配信しています。緊急時には24時間保護者の連絡を受け直ちにスタッフに配信することができる体制を組んでいます。

専用バス

専用バスの内部です。送迎終了後に子供の忘れ物のチェックをします。それでも時々もれることがあります。床に落ちて椅子の下に転がっていたりもします。何よりも十分に見ることが大切だとあらためて思います。

pagetop